So-net無料ブログ作成

またまた、やってしまいました。 [雑貨]

2013/03/26 Tue.

こんなんを買っちゃいました。

キノコ好きのお仲間から教えていただいて、あまりの可愛さに予約ボタンをポチッ…。
先日の土曜日に届きました。↓

20130326blythe00.jpg
(おぉ〜、箱からすでにものすごくカワイイ〜!!)


このお人形は、ブライス(Blythe)という子です。(この子は、正確にはミディブライス)
もともとは、1972年にアメリカで発売されたお人形です。
当時は全然人気が出ずに1年で販売が終了してしまったのですが、
2000年を過ぎてからブライス好きの女性が「写真集」を出して話題になり、
日本でもパルコがキャンペーンガールに採用したりしてから、
ますます人気が出て、2001年からタカラがレプリカの「ネオブライス」を
販売し始めたのです。


私も、前から気になってはいたのですが、
出来れば古いタイプが欲しいなぁ〜と思っていました。
何でも古いモノが好きなんですなぁ…わたし。で、探したのですが、
70年代に販売されたブライス(「ヴィンテージブライス」といいます。)は、
販売されていた期間が短いのでなかなか手に入らない。
さらに、プレミアがついて何十万円もするんですよ〜!!!

「だったら、買わないっ!あきらめるっ。」と思っていたのです。
でも…でも…、ここまで私好みの子が販売されたら…買うしかないですよね。

私が今回購入した子は、「ネオブライス」よりひとまわり小さくて
2010年から販売されている「ミディブライス」。
(もっと小さい「プチブライス」という子もいます。)


20130326blythe001.jpg
(内箱もかわいいですね。ネコだらけ。)

「あちゃちゅむ&ムチャチャ」ブランドから生まれたちょっと不思議な女の子!
ミディブライス『ネコグツずきん』です。


20130326blythe01.jpg
(箱から出しました。なんてステキな衣装。ストライプのタイツもかわいいでしょう?)



20130326blythe02.jpg
(ネーミングのとおり、ネコの靴を履いています。)



20130326blythe04.jpg20130326blythe05.jpg
(目が動くんですよ。かわいいでしょう?!)

ネオブライスは、瞳の色も4種類あって色を変えることができるんですよ。
ミディブライスは、左右に動かせるだけです。



20130326blythe03.jpg
(スカート部分をアップしてみました。バッグのサイドのデザインもすごいっ!)



20130326blythe06.jpg
(そして、飾り棚の「バンビ&きのこコーナー」にビシッ!と納まりました。)


なんて、ステキな世界でしょう!?うっとりします。[揺れるハート]
ますます変態ぶりに磨きがかかっています。

ひとつ、手を出してしまうと、今まで「買わないもんっ!」と決めていたのに
ガラガラと何かが崩れ落ちてしまい、ネオブライスも欲しくなっちゃいました。
ヴィンテージじゃなくてもいいっ!

どうなってしまうのでしょう…私。こわっ。


nice!(18)  コメント(18) 

クリスマスツリーの解説。 [雑貨]

2012/12/26 Wed.

今年は、「日本クラフト展」の作品を作ったあと、
札幌のギャラリー用の小作品作りが入っていたので、思いのほか忙しく、
あやうく、クリスマスツリーの飾り付けが、クリスマスに間に合わないところでした。

クリスマスに間に合わなかったら、それはもう…クリスマスツリーではないですよね。

あぶない…あぶない…。

24日にお友達が見に来る…と宣言してくれなかったら、
今年はいいかぁ…になるところでした。

20121225tree00.jpg


全然、必要ないかもしれませんが、私のツリー飾りのお気に入りを
紹介&解説させていただこうかと…!


まずは、てっぺん。
このてっぺん飾りは、なかなか日本では見ませんよね。

スイスで3個カタチ違い色違いを買いました。
デパートや蚤の市で買ったのですが、主流はこのカタチの飾りでした。

何を模して作られているかは、全く分からないのですが、
クラシックな感じがしてとっても素敵[ぴかぴか(新しい)] 私は、大好きです。

ワイヤー入りのリボンをふわっと巻いています。

 

20121225tree01.jpg
その下あたり。
クラシックなもの、デパートで買ったもの、いろいろです。
この写真に写っているものは、すべてスイスで購入。



20121225tree02.jpg
中央のオレンジっぽいキノコは、今年からツリーデビュー。
2年前のクリスマス前にお友達がスイスから送ってくれたのですが、
ツリー以外の方法で常に飾られていたので、今年初めてツリー飾りの仲間入り。
手前の2個キノコが隣り合っているものは、蚤の市で購入。
ちょっと壊れていたので、自分で修復しました。

 

20121225tree03.jpg
去年から仲間入りした、3色キノコ。色味が美しい。
クラッシックな色合いなので、うまく馴染みます。



20121225tree12.jpg
新しくは、ないと思われるキノコ。スイスのブロカントで購入。
ツリーに直接飾られていたろうそくから蝋が落ちて、キノコの赤の部分が熱で
溶けています。それは、それでいい感じ。気に入っている1個です。



20121225tree06.jpg
古いツリー飾りは、こんな感じのS字フックのようなもので、
ツリーに掛けていきます。飾りやすいです。

古いツリー飾りは繊細でとっても壊れやすいので、慎重に扱います。
壊しちゃったこともあります。
長い年月を乗り越えて私の手元に来てくれたのに、私が壊しちゃったか…!
と、思うと、申し訳なく切なくなりました…。



20121225tree05.jpg
このコーナーは、いろんなタイプが集まっていますね。
白のボールにキノコの絵が描かれているものは、去年スイスの友達が送ってくれたもの。
傘が茶色いのは、ボレ(ポルチーニ茸)のツリー飾りです。



20121225tree07.jpg
横の方には、つがいの鳥さんたちがうたを歌っているよう。
仲良さそうです。別々にスイスのブロカントと蚤の市で買いました。
留め金の部分をみると、結構古そうです。



20121225tree11.jpg
ドイツのブロカントと、スイスの蚤の市で買った子供たち。それぞれ、2体ずつ買いました。
ツリー飾りなのかどうかは、わからないのですが、林の中で遊んでいるように
飾ってみました。このコーナーも好き。



20121225tree10.jpg
ドイツのクリスマスマーケットで買いました。
幸運のシンボルの「煙突掃除・ブタ・蹄鉄・ベニテングダケ・四つ葉のクローバー」と
盛りだくさんの錫製クリスマスオーナメント。
さりげなく、ツリーの中にひそんでいます。



20121225tree09.jpg
お友達が作ってくれた、モチーフ編み。
オーナメントにして飾ってみました。かわいいっ!!



20121225tree04.jpg
ブラッドオレンジを干したもの。
3〜4年前にスイスのスーパーで買った、オーナメントです。
毎年かびていないかビクビクしながら箱から出すのですが、ちゃんと乾燥されている
からか、無事です。(ほっ。)
それどころか、とってもいい匂いが今もします。
これこそクラッシックっぽくていい感じ。



20121225tree08.jpg
ツリーの足下には、松ぼっくりやりんごのオブジェ、きのこ、妖精のおじさんが
いろいろいます。
中でも、この透かし彫りの玉はステキ。うまく写真に撮れてないのですが、
ホンモノはもっとステキです。



20121224tree02.jpg

そして、ひとつ前の記事でクリスマスのご挨拶に使用した一枚。
(画像処理しているので、ちょっとベットリ感があります。)
左側の大きな靴下(長さ約50cm)は、スウェーデンの蚤の市で購入しました。
愛嬌のある表情のおじさん柄がかわいい。


日本では、クリスマスが終わると、ツリーを片付けてお正月の用意。
忙しいですねぇ〜。
その忙しさは、私には向かないので、ヨーロッパ風に1月6日の「3人の王様の日」まで、
飾っています。(今年は、もう少し長く出しているかも…!!)


nice!(9)  コメント(12) 

骨董市とか、ブロカントとか。 [雑貨]

2012/09/07 Fri.

ご無沙汰しております。
長旅より、帰ってまいりました〜。
楽しゅうございました。

旅の途中で、みなさまのブログにお邪魔したり、
自分のブログのアップもできるかと思っていたのですが、無理でした。
遊ぶことで精一杯でございました…。

スイスの素晴らしい景色もお伝えしたいのですが…、

昨日、骨董市や町のブロカントで買ってきたモノの写真を撮ったので
是非見ていただきたく記事をアップしました。ヨロシクお願いします。へへっ!

今回の旅の計画の中心に、スイスで2番目に大きい蚤の市「アーベルグの蚤の市」が
あるのですが、その他にもフランス寄りの町の「ニヨンの蚤の市」、
お友達の家の近くのブロカントなどを回ってきました。
久しぶりに、ワクワクしましたよー!!

では、ゲットしたモノをご紹介します。 

20120907suisse01.jpg
(白雪姫と小人さん柄の子供用のお皿。絵柄の色はぶっ飛んでるけどかわいい〜。
 東ドイツ時代のKAHLAのお皿です。)

20120907suisse02.jpg
(スイスのバレ地方のお料理本。忘れていたけど、前に欲しかった本です。)

続きを読む


nice!(11)  コメント(16) 

クリスマスツリー。 [雑貨]

2011/12/26 Mon.

今日から、第51回日本クラフト展が開催されています。
お友達と見に行ってきました。
会場内の撮影はできなのですが、入って右側の壁面に私の作品がありました。
なかなかイイ場所です!
ただ、高い場所に飾ってあるので、手で触れないのが残念。
付け替えると変化する…というのがウリなんですけど…ね。


ところで、我が家のツリーですが、21日に飾りました。

ちょっと遅いようですが、ヨーロッパ的には、クリスマス・イヴに飾って
3人の王様の日(1月6日あたり)に片づける…ということですので、
ヨーロッパ方式を取り入れたいと思いますっ!(無理矢理な決断…)
せっかく飾ったのにもう片づけるのはかわいそうですもんね。私が…。

20111223xmas03.jpg
(キノコのカーテンをバックにするとキノコ度が増したような気がします。)


20111223xmas02.jpg
(足元には、キノコのランプ。節電で18時〜23時までの点灯です。)

ツリーの関連記事はこちらです。


2008年あたりから、キノコ飾りが占めています。見応えあります。



1週間ほど前、私の家で、お友達と恒例のクリスマスパーティをしたのですが、
その時に作ったお菓子の家とケーキが素晴らしかったので、公開します。

続きを読む


nice!(8)  コメント(12) 

ステキなお椀。 [雑貨]

2011/11/29 Tue.

お久しぶりです。
また、サボリ症候群を発症していました…。

何ごともなかったかのように、普通の話題です。


今月初めに、オットとチビット(チベットじゃない)旅行に出かけてきました。
本当は、ブログおともだちのcolletさんの旅行の記事を見て、
鳥取・島根旅行を計画していたのですが、急に日程が決まったもので、
ホテルはとれたのですが、飛行機をどうしても押さえられず断念…。

  colletさんの記事はコチラ↓

来年こそ、鳥取・島根に行くぞーっ!!とオットと誓いつつ
結局、石川・福井方面に出かけてきました。

金沢21世紀美術館にも、行きたかったし。
出来た頃から、話題になっていたので、行こうと思っていたのに、
海外に引っ越しちゃって行けなくなっていたので、行き先決定。

金沢に入る前には、福井の「恐竜博物館」や「東尋坊」に寄って、
「山代温泉」に一泊。すぐ近くの「山中温泉」にも立ち寄って、
こおろぎ橋&あやとり橋を見に駐車場に駐めて…

そこで、ステキなお椀に出会っちゃったんです。[揺れるハート]

20111127yamanaka02.jpg
(ステキ〜!!一目惚れです。)


20111127yamanaka01.jpg
(けやきの木目が美しく、しかも、丸いグラデーションの柄がいいっ!
 こんなこじゃれたお椀は見たことがない〜!!)


「山中温泉」の甘味処屋さん横の駐車場に車を駐めたのですが、
おっちゃんに「帰りに店よってなぁ〜。」と言われて、お散歩の後、
みつ豆でも食べるかな…と店内に入ったら、
やっぱり、そこは「山中塗」の本場。いろいろ漆器がありました。

続きを読む


nice!(15)  コメント(14) 

アート満喫な「ふきん」 [雑貨]

2011/10/11 Tue.

「ふきん」と言っても、日本の小さなサイズのものじゃなくて
海外で売っている大きなサイズのものです。

スイスでは、ふきんの端に引っかける部分が付いていて、フックに掛けてました。

お友達の家の写真で言うと、こんな感じ。
2011101102.jpg
(彼女のうちは、ちょっと特別にかわいいけど、こんな風にキッチンに存在します。)


このふきん、モノによっては、ずいぶん凝ったデザインのものが多く、
ついつい飾りたくなるものがいっぱいあります。
この限られた大きさの中でデザインが完結している感じです。


で、我が家では、IKEAで買った大きな額に入れて、こんな風に飾ってます。
20111011.jpg
(ふきんとは、思えないでしょう!?)


ポスターみたいに保存が難しくないのがポイント。(ポスターは、丸めておかないと
折れちゃったり、カビがついて黄色くなったりしますよね。上手に保管しないと…)

続きを読む


nice!(11)  コメント(18) 

デンマーク・ノルウェーで見たシカ首たち。 [雑貨]

2011/10/04 Tue.

少し前の記事に、我が家の「シカの首の壁掛け」のコトを書きましたが
(気になる方は、是非コチラを ↓ ステキですよ〜!)

買う前には、いろいろ本で見たり、雑貨屋で探したり。

特に5月の旅行のデンマークやノルウェーでは、真剣に探しました。
調査してきた「シカの首壁掛け」を見ていただこうと思います。
ヨーロッパの雑貨の本には、結構出ているので、これから日本でもきますよーっ!
(なんの根拠もないですが…。)

20111004shika04.jpg
(rice ※ のシカです。淡い色彩でかわいらしい感じ。)

続きを読む


nice!(12)  コメント(12) 

わたしのタカラモノ。 [雑貨]

2011/10/01 Sat.

わたしのうちは、雑貨でごっちゃりしています。

それが何か?
ダンシャリって何!?うちはゴッシャリよ!!

「すっからかんの家より、好きなモノに埋もれて暮らしたい…。」



ということで、タカラモノのひとつを紹介します。骨董市でゲットした自慢の逸品です。

20111001dollhouse01.jpg
(おもちゃのお店屋さんです。本棚の一段にすっぽり入るくらいの大きさ。)

クリーム色の店内に、赤いライン。素晴らしい!!
棚の上にある瓶や箱も昔実際に売られていたモノのミニチュアです。

右奥のレジにもアルミのコインがちゃんと入っていて、
値段のバーを動かすと裏側にその値段が表示されます。
引き出しも「チーン」と出てきます。感動… [ぴかぴか(新しい)]


手前にある籠は…

続きを読む


nice!(15)  コメント(18) 

他にもあります。鹿ものです。 [雑貨]

2011/09/17 sat.

ここまで来たらコレクション紹介特集ですね。
 
とりあえず、鹿です。
  
本当は、「鹿ときのこ」の組み合わせなんてもうサイコーなんですが、
どちらか単独でもオッケーです。

もともとは、鹿の首…というよりも、かわいいバンビ系がお気に入りで、
極々小さいモノを蚤の市でゲットしていました。
 
20110917shika03.jpg
(小さい飾り物。縦横4〜5センチくらいでしょうか…。)

次っ!

続きを読む


nice!(11)  コメント(12) 

鹿好きでもあります。 [雑貨]

2011/09/15 thu.

今度は鹿!?

はい。きのこの記事が続きましたが、私は鹿好きでもあります。

「バンビ」系が好きだったのですが、だんだん訳がわからなくなって、
鹿の首の壁掛けも欲しくなっている…こんな状態。

以前の記事でもちょいと…触れています。
(横浜アンティークフェアの記事)↓

(コペンハーゲンの雑貨屋にも心惹かれるものが…。)↓


鹿の首の飾り物は欲しいのですが、剥製は、ちょっと…イヤ。
重いのも無理だし…といろいろ探していたら…


とうとうっ!!理想的な鹿の首と出会えました。


 コレです。
20110915shika01.jpg
(どうです?なかなかイイ感じ。)


これ、「MIHO」というイタリアの新ブランドです。

続きを読む


nice!(12)  コメント(10) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。